それでもあきらめるな どん底人生

これからの人生を最高にしていくために

MENU

問題を楽しみながら解決する方法

あの当時、私は、次から次へとかなり重たい問題を抱え込んでいました。 生きてるとは問題解決の連続 問題の事ばかり考えていた日々 この世に解決出来ない問題はないと決めてしまう 解決策という意識を放つ 問題が解決したイメージは楽しい 元に戻るという法…

緊張との上手な付き合い方

会社が窮地にあるときは、緊張する場面の連続でした。 スケジュール表が緊張のオンパレードで埋め尽くされる 緊張がもたらす身体の変化 緊張を忘れさせる無我夢中 緊張と対峙したから得たもの 緊張と上手に付き合う方法 まとめ スケジュール表が緊張のオンパ…

今日あなたはどんなオーラを放ってますか

上手くいかない時は、なにをやっても上手くいかないものです。泣きっ面に蜂、弱目にたたり目、踏んだり蹴ったり。 目に見えない負のオーラ オーラの正体は量子 自分が放つオーラは選択出来る 折角の権利を使わない 正のオーラ、思考を使いこなす 焦らずにこ…

居場所がなくなった時に取るべき行動

経営していた会社を売却して、ある一定期間は過去の経営責任の一環として会社に残っていて、今までやってた経営には一切関わらずに、一営業として、時間を過ごしていると、ふと、思う事があります。 「これは私の居場所なんだろうか?」と 求められるところ…

どん底を振り返って気付く2つの大切な事

我々にストレスを与えてくる出来ごとは様々です。その中でも、『これから先どうなるんだろう?』という未来に対する不安は、まるで出口のない洞窟の中を彷徨っているみたいで、言いようのない不安に襲われます。 自分で決めれない不安 明けない夜はない 終わ…

私を苦しめた虚無感と闘った方法

会社が窮地に陥って、地獄のような日々が続いて、『明けない夜はない』その言葉を信じて、何とか踏みとどまって、『絶対に逃げない、人生からも自分からも』そう言い聞かせて、かろうじて息をしていた時期がある日を境に終わりました。 どん底を抜け出しても…

自分がどう思うかが一番大事

日常生活は次から次に襲ってくるストレスとの戦いなのかもしれません。 このストレスも、じっくり眺めてみるといくつかの種類に分けられる事に気付きます。 将来に対する不安や、目標達成に関するプレッシャーなどもありますが、実はその大半が、対人関係か…

心の中の毒を消す呼吸法

どん底にいるとき、うすうすわかってたことがあります。それは、体の中に、なんだか毒みたいなものがたまってるという事です。 心の中の毒の正体 アドレナリンとは アドレナリンをコントロールする呼吸法 深い呼吸がもたらしてくれるもの 自分なりの呼吸法の…

心が折れそうなときの3つの対処法

大変な状況が続いて、なかなか抜け出せない時、私たちは『つい心が折れそうになる』といった表現を使います。 心が折れる事の正体 心の居場所、その正体 心の筋トレとは思考の習慣化 ルール1)未来の不安が生まれたら、今に集中する ルール2)こだわりをや…

自分で自分を責めている人へ

会社が厳しい時には、なんとかこのどん底を抜け出したい一心でした。『明けない夜はない』そう信じて、目の前のやるべき事にとにかく集中するんだ。そう思って生きていました。 終わったという実感 心にぽっかり穴があく 新たな敵の出現 撃退法を考える 撃退…